結婚式の前に考えておきたいこと、そのすべてについて

結婚式を祝う

結婚式の祝電にはいくつかの種類があります。台紙と本文を贈るには、大体1000円から2000円程度で贈ることができます。ただし、本文が長いとその分加算される場合もあります。 結婚した新郎新婦には、祝電に添えてぬいぐるみや花などを一緒に贈ることがあります。ぬいぐるみをいっしょに送付するぬいぐるみ電報が3000円程度、花は生花かプリサーブドフラワーかにもよって違うのですが、3000円から5000円程度かかります。 最近では、風船とともに祝福のメッセージを贈るバルーン電報もあります。だいたい5000円くらいのものが多いです。 このため、どのような形で贈るか、何を添えるかによって値段の幅が広がってきている傾向にあります。

結婚式で祝電を贈ることは、1917年に慶弔電報の取り扱いが認められてからであるといえます。ですが、庶民に広まったのは、1990年代のバブル時代以降であると思われます。その頃には、ホテルなどで大々的に結婚式や披露宴を開催する新郎新婦が多くいました。そのため、祝電においても、たくさんの人からいただいていたというのが実情です。同時に、漢字やひらがな、FAXなどでの電報送付が認められ、庶民の方でも気軽に贈ることができるようになったのが普及したという現状です。電報を取り扱うことができるのが、特定の業者だけでしたが、2003年から自由化され、民間の会社の参入が認められました。 そのため、さまざまな種類の祝電が贈られるようになりました。