結婚式の前に考えておきたいこと、そのすべてについて

Man fashion star

結婚式を祝う

2人の結婚を祝う方法としては、結婚式に参加する以外にも祝電を送る方法があります。祝電も今では様々な種類があり、安い場合であれば千円程度の価格で送ることが可能です。

詳細へ!

和装で結婚式をする

結婚する時には宗教によって、衣装や結婚式の流れも異なります。最近では結婚する時に日本伝統のスタイルを取り入れた和婚が注目されており、日本ならではの式ということで人気があります。

詳細へ!

ビーチで挙式する

結婚式で挙式をする時にはその場所も非常に重要です。最近ではより思い出深いものにする為にハワイのビーチなどを利用して挙式をするカップルが増えてきており、今後もニーズは高まると予想されます。

詳細へ!

考えておきたいこと

横浜にある結婚式場の中でも特に人気が高いのはこちらです。演出プランが豊富なので、こちらの希望に対して柔軟に対応してくれます。

結婚式とは、その日を迎えるひと組のカップルだけのためにある日。
その日のために教会の鐘は鳴り、人々は集まってあたたかい涙を流し、拍手の音をひびかせ、おめでとうと言ってくれるのです。
ただし、教会の鐘を鳴らし、拍手しておめでとうを言ってくれる人たちをおもてなししなければならないのも、カップルのお仕事であるといえるでしょう。ケーキ入刀の前に、すでにおふたりの「共同作業」は始まっているのです。結婚式の準備、という共同作業が。
たとえば、「教会の鐘が鳴る」と上には書いたものの、挙式の形式には教会で行うチャペル方式と、神社で行う和婚スタイルのものと、大きく分けて2パターンあります。どっちを選ぶか?これは大切なことです。あるいは、もし教会式に決めたとして、国内で挙式する?それとも思いきってハワイで挙式しちゃう?と選択肢がまた出てきて、ここもちょっとばかり迷うところでしょう。
結婚式の二次会のこととか、ウェディングドレスを含む衣装のこととか、招待状のこととか……もろもろのことを、結婚することが決まったあとで、考えなければならないのです。おふたりで力を合わせ、首尾よく幸せをお披露目することが出来るよう、頑張っていきましょう。

もちろん、結婚する友だち、親戚、同僚、そういった人たちをお祝いする側、結婚式にお客さんとして参加する側としても考えるべきことはいろいろあります。女性はドレスの色合いには注意しなければならないし、男性だって飲み過ぎないように注意する必要があるし、スピーチのときに気の利いたセリフのひとつも言えるよう、ユーモアを磨いておかなければいけません。あるいは、当日、結婚式には参加できないけれどもふたりをお祝いするという人も、祝電を打つなど、やり方があります。最近ではどんな祝電が喜ばれているのか、そういうリサーチをちょっとしてみてから送るというのも、行けないとはいえ、感動の結婚式を完成させるために一役買うことが出来て、気分がイイことでしょう。

と、このように、結婚というのはそれに関わるすべての人にとって重要な催しとなるのです。

大切な時間はカタチに残しておくといいでしょう。プロフィールビデオを依頼するならこちらの業者に任せることで安心です。

話題のサービス

結婚式の披露宴が終わったら、少しカジュアルになる二次会が行われます。最近では二次会の幹事代行サービスを行ってくれる専門の業者もあり、当日も臨機応変に対応してくれます。

詳細へ!